香川県三豊市の情報サイト「三豊市観光コンシェルジュ」

2016.5.09 |writer:

松賀屋再生プロジェクト


今からおよそ100年前、100年前と言えば日本中が大正デモクラシーに沸いていた時代です。

そんな時代に、三豊郡の仁尾村に四国一のお屋敷が建てられました。

製塩業で栄えた塩田忠左衛門の邸宅です。「松賀屋」。地元の人は、屋号でこう呼んでいます。

松賀屋

(ライトアップされた松賀屋)

 

 

敷地面積は838坪、建坪は363坪。母屋、離れ、女中部屋、蔵など、

数々の建物と広大な庭を持ち、その中はまるで一つの町のようでした。

今日、門をくぐり敷地の中を少し歩くだけでも、当時の時代を感じることができ、興奮を覚えます。

本当に今では考えられないほどの豪邸です。

四国一のお屋敷であった松賀屋も、40年もの間、空き家となっており、相当の傷みがありました。

そんな中、仁尾町を松賀屋をさらに盛り上げようと意気込む有志たちがいます。

「一般社団法人 誇~ほこり~」のメンバーです。

仁尾町のシンボル作りとして、様々な取り組みを行っています。

「誇~ほこり~」の取り組みは、「誇~ほこり~」のフェイスブックページをご覧下さい。
https://www.facebook.com/hokori2014/?fref=ts

 

 

 

 


この記事を書いた人

name:

お祭り大好き! よっさい、よっさい!

→ほーさんの他の記事を読む